1年
半年
▲月刊俳句マガジン「100年俳句計画」の新規購読・購読更新のお手続きはこちらから。

初回
更新
▲俳句新聞「いつき組」の新規購読・購読更新のお手続きはこちらから。

ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

rss atom
第2回「日本俳句教育研究会」研究発表大会資料


平成22年1月9日(土)
愛媛県松山市立子規記念博物館にて開催されました
『第2回「日本俳句教育研究会」研究発表大会』
において頒布いたしました資料のコピーを
ファイルに綴じて提供いたします。(サイズ:A4)

■内容
 I 当日発表資料
   1.県内高等学校の連携について
   2.夏休み句集をつくろう!コンテスト
   3.俳句甲子園 in 青石中
   4.壁又壁雷雨後晴古暦 〜公立校における指導例〜

 II「句会ライブのための教材」集
   1.親子で作る俳句入門(幼稚園〜低学年)
   2.自己紹介句会ライブ・自慢大会句会ライブ(小学)
   3.楽しい「オノマトペ」句会ライブ(小学低学年)
   4.未来予想図句会ライブ(高学年〜中学)
   5.勝ち抜き句合わせ(高校〜一般)

掘ー己上達編
   1.季語の知識に挑戦「季語検定」試案(3・4級)
   2.選句力をつけるためのノウハウ

検.イズ編
   1.「殿様ケンちゃん」俳句カルタクイズ
   2.俳人度チェッククイズ(三択クイズ)

后ー汰報告編
   1.「田渡っ子ミニ句会」指導案
   2.ミニ句会をひらこう ― 小学6年国語 ―
   3.中学での俳句作りの授業実践
   4.名句は一瞬にして成らず ― Making Of MEIKU (名句ができるまで)


■概要
「日本俳句教育研究会(nhkk)」は、
「俳句」を教材とした様々な教育の可能性を研究し、
また「俳句」を教材とした様々な教育活動を展開している
教師・俳句愛好家たちの情報交換を目的とする会です。
NPO法人・俳句甲子園実行委員会を
側面から応援する組織として結成され、
「俳句」と「俳句甲子園」を愛する
教師・俳句愛好家によって構成されています。
会長は、愛媛大学教育学部教授の三浦和尚、
副会長は、俳句集団「いつき組」組長の夏井いつきです。

新指導要領において、
小学校では平成23年度、中学校では平成24年度から、
国語科での「創作」が義務づけられるようになりました。
ひとまず、新指導要領実施までの三年間を活動の目安とし、
日本中の子どもたちに「俳句」の楽しさを知ってもらいたい、
との思いで、俳句を愛する教師を増やしていくための
実技研修句会を毎月1回開催しています。
欠席投句も受け付けており、
県内外を問わず参加者が広がってきています。


「研究発表大会資料」とは、
活動期間の目安としている三年間に分けて
本大会でのみ配付している小・中・高にわたる教材です。
全て、副会長の夏井いつきが「句会ライブ」で実際に使用して
効果のあったものを収録しており、
創作の授業に役立てて頂けるものとなっております。


今回「第2回」の資料は目玉として
「教員の選句力アップのためのノウハウ」を収録しております。
選句に大切なポイントは、作句にも繋がり、教員にとどまらず俳句愛好者にも好評を頂きました。


【日本俳句教育研究会】
http://e-nhkk.net

・ 型番
06-022
・ 販売価格

1,200円(内税)

・ 購入数