1年
半年
▲月刊俳句マガジン「100年俳句計画」の新規購読・購読更新のお手続きはこちらから。

初回
更新
▲俳句新聞「いつき組」の新規購読・購読更新のお手続きはこちらから。

ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

rss atom
第1回「日本俳句教育研究会」研究発表大会資料


平成21年1月10日(土)
愛媛県松山市立子規記念博物館にて開催されました
『第1回「日本俳句教育研究会」研究発表大会』
において頒布いたしました資料のコピーを
ファイルに綴じて提供いたします。(サイズ:A4)

■内容
 ○当日発表資料
   ・第2学年児童 俳句キッズへの道
   ・愛光高等学校での事例〜俳句甲子園という目標

 ○「句会ライブのための教材」集
   ・句会ライブの意義
   ・句会ライブをやろう! 〜準備編〜
  ▼基礎編
   ・「句会ライブ基本セット」シナリオ例 〜 取り合わせの基礎
   ・「5音からの発想」句会ライブ 〜 「まっしろな」「からっぽの」の巻
   ・観察してみよう!〜「一物仕立て」の俳句に挑戦
   ・付録「取り合わせ」公式解説カード
  ▼応用編
   ・恋の俳句ボクシング
   ・「うれしいな」「かなしいな」俳句撲滅作戦
   ・あいうえお句会ライブ
   ・校内吟行 〜 当日の天候に合った季語を使って
   ・「泣いて笑って殿様ケンちゃん」句会ライブ
   ・付録「殿様ケンちゃんの顔 + 顔の部品」

 ○季語クイズ
   ・四季の季語集
   ・「深く考えなくてよし」 〜 季語8択クイズ
   ・付録「季語カード + 出題12音カード」「殿様ケンちゃんの顔」

 ○補足資料
   ・子どもに俳句を教える場合のポイントと留意点
   ・「俳句は脳に効く」 〜朝日新聞記事


■概要
「日本俳句教育研究会(nhkk)」は、
「俳句」を教材とした様々な教育の可能性を研究し、
また「俳句」を教材とした様々な教育活動を展開している
教師・俳句愛好家たちの情報交換を目的とする会です。
NPO法人・俳句甲子園実行委員会を
側面から応援する組織として結成され、
「俳句」と「俳句甲子園」を愛する
教師・俳句愛好家によって構成されています。
会長は、愛媛大学教育学部教授の三浦和尚、
副会長は、俳句集団「いつき組」組長の夏井いつきです。

新指導要領において、
小学校では平成23年度、中学校では平成24年度から、
国語科での「創作」が義務づけられるようになりました。
ひとまず、新指導要領実施までの三年間を活動の目安とし、
日本中の子どもたちに「俳句」の楽しさを知ってもらいたい、
との思いで、俳句を愛する教師を増やしていくための
実技研修句会を毎月1回開催しています。
欠席投句も受け付けており、
県内外を問わず参加者が広がってきています。


「研究発表大会資料」とは、
活動期間の目安としている三年間に分けて
本大会でのみ配付している小・中・高にわたる教材です。
全て、副会長の夏井いつきが「句会ライブ」で実際に使用して
効果のあったものを収録しており、
創作の授業に役立てて頂けるものとなっております。

今回の資料は、その第1回。
資料はコピーして
そのまま授業に使って頂けるようになっております。


第2回では目玉として
「教員の選句力アップのためのノウハウ」を
収録する予定です。


【日本俳句教育研究会】
http://e-nhkk.net

・ 型番
06-021
・ 販売価格

1,700円(内税)

SOLD OUT